クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。




クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2018-2-10

ぐっどいぶにーん♪

アスリートの減量法は、非常に過酷です。
期限が決められているので、
普通の方では考えられないようなハードな減量をしています。

しかし、アスリートの方々は、筋肉の量が普通の人とは元々違います。
だから、一般人より痩せやすい体質であると言えます。

プロボクサーの方には、階級によって体重制限がありますよね。
計量日までに、その体重まで落とさなければ
試合をすることができないのですから必死です。

でも、ただ単に食べない減量法では、
目標体重まで落とせても、何の意味もありません。

食べる事を抜く減量で、体力が無くなってしまっては、
試合で本来の実力を発揮できなくなってしまいます。
筋肉量を減らさずに、体脂肪を落としていくのが、
ボクサーの減量です。

アスリートの食べる事面では、
量はもちろん減らしていきますが、栄養バランスを考えて、
減量に取り組んでいきます。

摂取カロリーより消費カロリーを多くすれば、
理論上は体重が減ります。
しかし、そうは問屋が卸さないのが減量ですよね。
辛い日々が、続いていくわけです。

プロボクサーは計量が終われば、
試合までに沢山食べて体重を増やしていきます。
つまり、リバウンドするのです。

アスリートの体重は常に増減しています。
アスリートの方も普通の方も、体質の作りは一緒です。
ですから、時には体調を悪くするアスリートもいるんです。

アスリートを真似て減量しようとは思わないで、
自分のペースで正しい減量法を実践しましょうね!

今日は、ここまで。
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックをパーフェクトにマスターする