レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:2013-12-11


どんなにシェイプアップしても、
どうしても痩せられない体質の箇所ってありますよね。
部分痩せというのは、本当にすごく難しいです。

例えば、あしやせ。
最近は、細くないと履けないジーンズが多くなりました。
ウエストだけをみて購入したら、
大腿部で止まってしまったなんて経験はありませんか?
そんな事になったら、とっても悲しいですよね。

では、どうしてあしを細くできないのでしょうか?
一概にはいえませんが、多くの場合、
あしの「冷え」が原因で、
あしやせに成果が出ないみたいです。

下半身が冷えやすい方は、
その部分の基礎代謝が落ちているので、
脂肪が落ちにくいのです。

また、冷えにより血行も悪くなりますし、
リンパに老廃物が溜まりやすくなります。

冷えによる下半身太りの場合、
ただ、むくんでしまっているだけという事も多いのです。
冷えを改善し、リンパのマッサージで血行をよくするだけで、
あしが細くなったというケースも、少なくありませんよ。

もちろん、脂肪で太くなっている場合も、
基礎代謝がよくなれば、脂肪が燃焼されやすくなりますので、
あしやせ効果が期待できます。

この「冷え」というのは、あしだけでなく、
体質全身のシェイプアップにおいても、
痩せにくくなる原因になっている厄介なものです。

シェイプアップをする際は、
ご飯制限や体操だけでなく、
冷えの改善にも力を注ぐようにすると、
より効果が得られると思いますよ。

せっかくのあしやせの努力を最大限の成果に繋げる為にも、
このポイントは、しっかりと覚えておきましょう。


レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックをパーフェクトにマスターする