レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:2015-1-11


おいらの父親は、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、おいらにはそのように感じていました。

おいらは、
父親のようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、おいらが、
父親にようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなおいらを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなおいらでもいい?」というかのように、
父親の前で何度も、
そんな情けないおいらを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

父親は、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
おいら自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
父親に認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
父親に見せたりしてたような気もします。

そして、
父親が怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなおいらじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
おいらは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
両親と娘の関係だけでなく
夫と嫁の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。

レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックをパーフェクトにマスターする