レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:2016-5-09


健康維持やダイエットのためには
食べる事と体操のバランスが大切ですが…

お腹が空きすぎている時や
お腹がいっぱいの時の体操は
逆に身体に負担をかけてしまいますよ。

一般的に
食べる事は体操の
2時間前にとるのが良いと言われます。

それは、空腹時の体操は低血糖を起こしやすく、
満腹では胃に負担をかけたり、
逆に疲れやすくなってしまうからです。

体質によって異なりますが、
食べ物の消化吸収の時間が最低三時間といわれているため、
食後2時間経ったときには、
満腹でも空腹でもなく、血糖も程よく上がっているので
体操しやすいというわけです。

とは言え、
8時・11時・ばんによって少々異なりますし、
食べる事の2時間後に
必ず体操できるとも限りません。

体操前と体操後では、
食べる事のとり方や目的もそれぞれ異なってきます。

体操前には消化がよく、
すぐにエネルギーになりやすいものがおすすめ。
たんぱく質や脂質の多い食べる事は、
消化に時間がかかるので控えましょう。

早朝の体操で時間がない場合は、
すばやくエネルギーになりやすい
バナナ、スポーツドリンク、野菜ジュース、フルーツジュースなどを
試してくださいね。

一方、体操した後、
体操によって消費された糖質や傷ついた筋肉を補うには、
たんぱく質を補給する必要があります。
柑橘系のフルーツはクエン酸なども含まれているため、
疲労回復にもってこいですよ。

やせたいからといって必要以上に食べる事量を減らすと、
疲労の回復は遅くなるので禁物!

また
体操したからといって
高カロリーのものを食べたり、食べる事を食べ過ぎたりすると、
逆に太ってしまいますので適量で抑えましょう。

レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックをパーフェクトにマスターする