レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:2017-1-08


ダイエットをする時は
「食事制限と適度な体操」が欠かせないって
言われていますよね?

「体操なんかしなくても、食べないだけでも痩せるんじゃないの?」
という疑問もあるでしょう。

確かに普段、体操不足気味の人には、
適度な体操というのは少々きついハードルかもしれません。

でも、
ダイエットには、
体操が必要不可欠なんですよね。

その理由には、
筋肉が大きく関係しているようです。

筋肉というのは、
わたくしたちの体質の中でも、
一二を争うほどエネルギーを使う場所なんです。

つまり、筋肉量が多い人は、
それだけエネルギーをたくさん使う人ということになります。

例えば…
食事制限をすることによって、
入ってくるエネルギーの量が少なくなってしまいます。

すると、体質は…
入ってくるエネルギーの量が少なくなるので、
使うエネルギー量も少なくしようとしますよね?

そして、最もエネルギーを浪費してしまう筋肉を
減らそうということになるわけです。

食事制限だけでダイエットをすると、
すぐにリバウンドしてしまうのは、
体質に筋肉がなくなってしまうことが原因なんです。

食事制限によるダイエットで、
体重が減ったとしても、それは一時的なもので、
ただ単に、筋肉が削げているだけとも言えます。

逆にダイエット中でも体質を動かし続けていると、
筋肉を減らすことができなくなります。

ということは、
入ってくるエネルギーを減らしながら、
今までの消費エネルギーレベルを維持することができるんですね。

そして、ダイエットが上手くいくのです!

レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックをパーフェクトにマスターする